この記事では韓国ドラマ「太陽の末裔19話」のあらすじについて書いていますが、すぐに動画が観たい!と思ったあなたは太陽の末裔を無料視聴する方法をご覧になってください。

太陽の末裔 19話 あらすじ

太陽の末裔の19話のあらすじはモヨン達は帰国後に普通の生活に戻ったシーンからです。

久しぶりの病院出勤に新鮮味を感じながら入り口をくぐります。

ヘソン病院の先生達は医療法診断の帰国を横断幕で歓迎するが、横柄な態度で出迎える理事長だけは「君がいない間どれだけ辛かったか」と嫌味っぽくモヨンに花束を渡すのです。

車椅子のピョ先生はモヨンの帰りを待っており、モヨンはウルクの思い出話しをするが話しの規模が大きすぎてピョ先生は理解に少し苦しみます。

理事長とは馬が合わないモヨンは、帰国後に宣言していた通り辞表を出すがここで問題が発生します。

ヘソン病院を止めた後に開業を考えていたモヨンでしたが、銀行からの融資を断られ資金の獲得が困難になりどうしようか悩んでしまい・・。

VIP病棟の医師を辞めて普通の医者になった事で、自分の無力さを感じたモヨンは謝罪して辞表を取り消してもらうしか方法がないと考えます。

その後何とか辞表を取り消して貰ったモヨンですが、理事長の嫌がらせもあって救急病棟で働く事になってしまいます。

シンジ達も任期を終えて帰国する事が決まり、任務を終えたら飲みに行く約束をしていたシンジとデヨンは飲み会を始めました。

2人は3日飲み続けていたが、合流したモヨンは二人の様子に呆れつつも一緒に飲み始めるのでした。

以上が太陽の末裔19話のあらすじです。

太陽の末裔 19話 動画

もし韓国ドラマ「太陽の末裔 19話」の動画を観たい!と思ったあなたは、太陽の末裔を無料視聴する方法をご覧になってくださいね!