韓国ドラマ「朱蒙(チュモン)」の41話から42話のあらすじです。

チュモン 41話 あらすじ

人質として漢の長安に行くようにテソから持ちかけられたチュモン。

その頃、長安行きをまぬがれたヨンポはテソへの憎しみが高まり、暗殺を計画します。

トチが呼び寄せた軍を鍛え、実行作戦を進めていました。

人質になる事を迷っていたチュモン、クムワとユファに危険が及ぶと思い長安へ行く事をテソに伝えます。

テソは喜んで「イェソヤを妻にして一緒に長安へ行けば共に孤独感もやわらぐのでは」とアドバイスします。

一方、ヒョント郡で商売をしていたヨンタバル商団が突然ヤンジョンから追放を言い渡されます。

ソソノはソンヤンの画策である事を知り、討つ事を決意します。

一方ソンヤンは、プヨの協力が欲しいためテソにチョルボン訪問を要請します。

これに応じたテソは、緊急時にはプヨがチョルボンを守る事を約束するかわりに貢ぎ物を納めるよう要求する。

ソソノを呼び出したテソは、チュモンの長安行きを伝えて帰路につく途中に突然、ケルの兵に扮した武装集団に襲撃されます。

万事休すかという状況の中チュモンが登場し、見事な弓技で武装集団を片付けたのです。

オイたちから暗殺の計画を伝えられていたチュモン。

これが再起の機会になるかもしれないと様子を伺っていたが、ヨンポがケルにその罪を被せようとしているのを知って急いで救援に行ったのです。

この事実を聞いて憤慨するテソは、プヨ宮殿に戻りヨンポに剣を突きつけます。

チュモン 42話 あらすじ

ヨンポが仕組んだ暗殺計画で死にかけたテソは、激怒してトチとハンダンを斬り殺してしまいます。

当然ヨンポにも手を掛けようとしますが王妃が止めに入りました。

取り合えず投獄されるヨンポでしたが、テソは許すことができません。

弟の分際で兄に手をかけようだなんて許されることではないし、まさかヨンポなんかに殺されかけるとはと腹立たしかったようです。

チュモンは見かねてヨンポを許すようにとテソに進言しました。

チュモンがケルの為にテソを助けたと知ったソソノは密かに涙を流します。

ですが、ヨンチェリョンとピリュの君長ソンヤンが手を結んでいるらしい、そうウテから報告され再びソンヤンと通じたら許さないと忠告します。

その後倒れてしまうソソノでしたが、なんと懐妊していることが判明しました。

いよいよ長安へ人質として送られることになったチュモン、オイたちも同行することを決めました。

イェソヤとの結婚もありそうでしたが、そのイェソヤがソルタクに拉致されてしまいます。

ソルタクはイェソヤをどうしても自分のものにしたかったようです。もちろんチュモンはイェソヤを救出し、その勢いで彼女に求婚します。

もうソソノのことはきっぱり諦めよう、そう決心したのです。

息子たちの後継者争いにうんざりしたクムワは、プドゥクプルに相談し人質をチュモンではなくヨンポにすることにしました。

ヨンポの暗殺計画の際に、チュモンに命を救ってもらったことで信頼するようになったテソは、プヨ軍の総指揮にチュモンを任命します。