韓国ドラマ「朱蒙(チュモン)」の39話から40話のあらすじです。

チュモン 39話 あらすじ

プヨ宮殿に忍び込んだチュモンは、母に会いに行きます。ユファは息子の無事な姿にホッとし、喜んで涙しました。

しかしテソの陰謀が心配なユファ、くれぐれも注意するように告げて宮殿を捜索にきたナロを毅然と追い返します。

ユファはチュモンが生きていること、そしてテソに命を狙われていることをクムワに話します。

驚いたクムワは重臣会議を招集し、チュモンを呼び出して温かく迎え入れます。

クムワの忠告により、別人のようにテソに従順になるチュモンでした。

一方、ケルではヨンタバルが引退を宣言、ソソノに君長の座を譲ることを宣言します。

しかしヨンチェリョンは密かにヤンタクと共謀、ケルの将来を不安に思ったようでピリュの君長ソンヤンを訪ね、息子のチャンスを君長にしてくれと懇願します。

チョルボン君長会議でヨンタバルから大君長の座を奪い取るヤンタク。

でしたが、それを知ったソソノはショックを受け、さらにチュモンが生きていることまで知ることになり重ねてショックを受け倒れてしまいます。

ヨンチェリョンからモパルモの鋼鉄剣を受け取ったソンヤンは、その素晴らしさに驚きモパルモの拉致を命じます。

命の恩人であるイェソヤをユファに紹介するチュモンに、ユファはソソノを諦めろと言います。

イェソヤとの結婚を望んだのでしょう。巫女であるヨミウルは、チュモンにプヨから離れるように忠告します。

テソがいない外の世界で、大業を成し遂げるべきだと言うのです。

チュモン 40話 あらすじ

ピリュの君長ソンヤンによって拉致された鍛冶頭のモパルモでしたが、プヨに引き渡されることになりました。

それをケルで知ったチュモン一行は、モパルモの護送中に奇襲し救出する作戦を立てます。

しかしチュモン、マリ、オイ、ヒョッポの4人だけでは到底立ち向かえる人数ではなく、ヨンタバルに兵の動員を要請し了承してもらうことができたのです。

その際、ソソノと再会しましたが愛し合いながらもすれ違ってしまった運命に抗うことはできず、そのまま決別することになりました。

ヤンタクから情報を得て護送ルートに向かい待ち伏せするチュモン一行でしたが、ソンヤンと通じていたヤンタクはウソのルートを教えたのですから来るはずもありませんでした。

それならばともう一方のルートへと急ぎましたが、すでに遅くモパルモはプヨに引き渡されてしまった後でした。

テソに鋼鉄剣を作るよう迫られるモパルモでしたが頑なに拒否、テソはチュモンに説得しろと命令します。

仕方なく、苦悩の表情でモパルモに鋼鉄剣づくりを命じ、モパルモはチュモンを信じそれに従いました。

チュモンに婚礼の話が持ち上がり、イェソヤが候補にあがりクムワもこれに賛成しました。

一方で漢の皇室から先の戦の責任を問う目的で、王子クラスの貴人を人質として長安へ送るよう要求されてしまったのです。

漢の属国になるのかと家臣たちは猛反対しますが、抗うことは難しそうです。