韓国ドラマ「朱蒙(チュモン)」の37話から38話のあらすじです。

チュモン 37話 あらすじ

摂政となりプヨの実権を手にしたテソはプヨの大臣プドウクプルと相談し、サチュルト勢力に迎合しつつ、専横を抑えるための巧妙な人事改革に着手します。

チュモンの部下オイ達も配下の兵のことを思い、仕方なくテソに従うフクチと共に一度は宮殿に戻りました。

しかし宮中暮らしに見切りをつけて町に戻ったオイ達は鍛冶頭モパルモ等に声をかけられ、チュモンが生きている可能性があるから一緒に探そうといわれます。

ハンベク族の村ではチュモンを拘束したソルタクがイェソヤに自分の妻になれと迫り、イェソヤは拒みますが好意を寄せるチュモンを助けられず苦悩します。

一方ソルタクからチュモン捕縛の知らせを受けたヤンジョンは鉄騎軍に確認を指示し、また、テソが好意を寄せるソソノの存在を知った娘ヤンソルランからの便りでテソへの怒りをあらわにします。

一方テソは、ソソノへの憎しみからその父ヨンダバルを無実の罪で逮捕し重罪人として投獄してしまい、父の命乞いに来てひざまずくソソノにヤンソルランはいっそソソノを殺せとテソをそそのかします。

ようやく病床を離れたクムワは宮中の争いに胸を痛め、ユファには手を出さぬようにとテソに頼みます。

その後、ハンベク族の村に来たモパルモとオイ達はついに、鉄騎軍によりヒョント城へと連行されていくチュモンを発見し山中で奇襲をかけ、モパルモから新鋼鉄剣を受け取ったチュモンは見事な剣さばきで鉄騎軍をなぎ倒していきます。

チュモン 38話 あらすじ

チュモンの生存を信じて探し続けていたオイ、鍛冶師モパルモとムソン、ヤンタク達は巫女ヨミウルの彼が生きているとの情報を得て、ついに彼を奪還します。

彼らの話を聞いて、テソがクムワを追いやって暴政を行っていることを知りチュモンは驚きを隠せません。

いてもたってもいられなくなった彼はプヨに戻る決意をします。

また、脱出する際にソルタクと結婚させられそうになっていたイェソヤを奪って一緒に連れていきます。

一方、チュモンが生きていたことがヒョント城のヤンジョンへ伝えられ、ヤンジョンはプヨ宮殿にいるテソへ急使を送ります。

その頃、プヨ宮殿にはヨンタバルとソソノ親娘がクムワに別れの挨拶に来ていました。

ユファはソソノにチュモンのことは忘れて生きるようにいいます。

一方オイ達と共にイェソヤを連れてプヨ宮殿の郊外まで戻ってきたチュモンは、ヨンタバル商団がテソから追放令を受けたこと。

そしてソソノがテソとの結婚を迫られ、それを避けるためにウテと結婚したことを知ります。

すでに宮殿を去った彼らを馬で追いかけますが、ソソノと顔をあわせることはできずに黙って一行がケルへ戻るのを見送ります。

チュモンが生きていることを知ったテソは、ナロ達に彼の暗殺を命じます。

これを知って自分が生きていることを民に知らせて、テソが自分に手出しが出来ないようにしようと考えたチュモンは町で噂を流しますが、ユファもそれを耳に、そしてある夜ついに彼は宮殿に忍びこむことに成功します。