韓国ドラマ「朱蒙(チュモン)」の31話から32話のあらすじです。

チュモン 31話 あらすじ

チュモンが率いる別働隊の動きについて、テソはこっそりヤンジョンに教えてしまいます。

当然のことながらヤンジョンは補給部隊に迂回を指示。しかしチュモンはテソの動きを見抜いており物資を奪取することに成功します。

クムワはチュモンがいない間、本隊の指揮をテソに任せることにしました。

テソはまたしてもソソノに迫り、嫌がっているにもかかわらず受け入れるように脅します。

とにかく今は仕事第一ということで、ソソノは商団を率いてプヨ軍の本隊より一足先に出発しましたが、ピリュの君長ソンヤンが差し向けた兵に襲われ拉致されてしまいます。

ソンヤンはソソノの父であるヨンタバルを裏切ったのです。

ヨンタバルにソルボンの大君長を退き、ケルをピリュに服属させることを要求しようとするソンヤンでした。

重傷を負いながら戻ったサヨンから事情を聞いたヨンタバルは、自分が犠牲になることを決意しますが、巫女のヨミウルが自分がソンヤンと交渉すると申し出ます。

山中で漢の鉄騎軍に包囲されたチュモン一行でしたが、ソソノがソンヤンに捕らえられたと聞き包囲網を破って、ソンヤンの陣営に向かうことを決意します。

相手は手ごわい鉄騎軍なのにこちらはわずかな手勢でかなり不利、しかしチュモンは果敢に挑みます。

チュモン 32話 あらすじ

ソソノたちを無事救出したチュモンが、プヨ宮殿に帰還する王妃やヨンポたちがソソノの救出を反対する事に納得がいかず、その理由を王妃へ尋ねるテソ。

そこで王妃は「ソソノはお前を滅ぼす女だ」と答えます。

その後テソとヤンジョンが内通していた事実を暴露するチュモン。

彼はテソに対して「今までの事は罪に問わないが、次に同じような事をしたらプヨの王子という地位に関係なく内通者として処罰する」と言い放ちます。

チュモンらの遂行した働きによって、ナンナン軍から救援物資が届かなくなったヤンジョン軍。

だが、プヨ軍を挑発し戦いの長期化を防ぐ一方でチュモンはそんな挑発には乗らないよう注意を促し、防御に徹して攻撃をするタイミングを伺っていた。

後になって、セイナンイ軍がリョウトウ軍に敗北したという知らせがプヨ軍の元に伝わります。

それを聞いたチュモンは、リョウトウ軍が援護に来る前にヤンジョン軍と短期決戦として、戦いを進めて勝利する道を模索します。

そして考えをめぐらせて悩んだ末に、チュモンは以前にモス将軍陣営のタムル軍が用いたソタンという消し炭を用いた作戦を思いつきます。

作戦を遂行するにあたりサヨンは凧の使用を提案し、チュモンらは敵陣に奇襲を決行します。