韓国ドラマ「朱蒙(チュモン)」の27話から28話のあらすじです。

チュモン 27話 あらすじ

クムワが家臣たちからの要望を拒否したため、それに激怒した王妃がテソを皇太子にしようと画策します。

そして、ヨンポはテソとチュモンを対立させて2人を貶めようと計画を立てるのです。

チュモンは、2人の兄たちへの憎しみや怒りを強く感じて、復讐しようと改めて決意しました。

彼は、クムワと一緒に視察に出かけますが、占いに頼ろうと必死になる民衆の姿を見て心を痛めた様子のクムワに対して、流民の苦しみを考えて欲しいと訴えるのです。

さらに、ソソノは突然の襲撃を受けて命の危機に陥りますが、助けに入ったウテが毒の塗られた剣で刺されて怪我をしてしまいます。

その時に助けてくれたのが、巫女のヨミウルでした。

頑強で美しい鋼鉄の剣を製造することに成功したチュモンたちは、大喜びで盛り上がるのです。

その頃、チュモンからのアドバイスを受け入れたクムワは、朝鮮の流民たちを全て保護することを家臣たちに宣言しました。

しかし、それは漢を刺激して争いを起こしてしまう危険な結果を引き起こしかねないと大反対を受けることになります。

チュモン 28話 あらすじ

鉄器工場に新しく入ってきた鍛治職人たちが、漢からの密偵なのではないかとソソノがチュモンに助言します。

それに従って詳しく調べたところ、やはりスパイだと彼は確信するのです。

クムワは、漢と戦って勝つことができれば朝鮮の流民を救うことができますし、反対する勢力を抑えることができると考えました。

そこで、ついて攻めることを宣言するのです。しかし、それを阻止したいと望んでいる家臣たちは、猛反対をします。

チュモンは必ず倒してみせると強い意志を持って、特殊な訓練を受けた精鋭部隊の実力を見せつけました。

そんな時に、ソソノはチュモンに自分も軍商となることを話す彼女に対して、愛しい気持ちがこみ上げてきて抱きしめます。

お互いを大事に考える2人の様子は厳しい状況の中でさらに燃え上がるのです。

クムワの宣言に激怒したサチュルトのチェガは、その返事として死者の首を送り返しました。

そこで、全面的に対立した彼らの争いが始まることとなりました。