韓国ドラマ「朱蒙(チュモン)」の22話から24話のあらすじです。

チュモン 22話 あらすじ

チュモンからトチの動きを探るようマリ達は命じられました。

しかしオイがプヨンが拉致されたことを知り、非常に怒りを感じます。

チュモンは怒りを鎮めるようになだめますが、なかなか怒りを鎮めることが出来ません。

宮中では大変なことが起こっていました。神殿に刺客が入り込み襲撃を受け、宮中が大混乱になります。

なんとかヨミウル達は、宮殿から抜け出して山へ逃げ込みましたが、守ってくれる十分な兵はどこにもいません。

自分達を守ってくれる家来はわずかな人数しかいませんでした。

実はこの宮中への襲撃事件はヨンポが引き起こしたもので、テソと王妃はすでにそのことに気がついていましたが、何も口に出す気にはなれず、あきれてヨンポを見つめるだけです。

また、ヨンポを公認するのであれば、マルリョンが適しているだろうと考えていました。

ヨンポの刺客による襲撃事件の黒幕が誰なのかを知らないクムワでしたが、真相を確かめるためにフクワに指令を出していました。

クムワはわずかな家来しか連れずに逃げ出したヨミウルのことが気がかりです。

ヤンジョンから縁組が来ていたテソでしたが、しばらく待って欲しいと伝えます。

ナロをヨミウルを殺す刺客として手配しました。

チュモン 23話 あらすじ

これまでチュモンは皇太子になることを考えていましたが、宮中の襲撃事件のことを知らされて、皇太子になる思いが次第に冷めていきました。

チュモンがヘモスの子供であることをヨミウルから聞かされており、チェモンは大変ショックを受けることになります。

すっかり皇太子になる気持ちが薄れてしまった時、ヨンポがある申し出をしました。

プヨンの釈放を求めるのであれば、世継ぎ競争から外れろというのです。

トチがプヨンを拉致したのですが、背後にはヨンポが操っていたのです。

やる気のないチュモンはあっさりとその申し出を受け入れ、テソ、ヨンポ、王妃側は喜びます。

その一方でクムワがチュモンを皇太子に仕立ててやりたかったため、落胆しました。

ユファは皇太子になることを捨ててしまったチュモンの心の内を理解して、涙を流し、これまで言わなかったある事実をすべてチュモンに話しました。

一方、プヨンはトチに連行されていましたが、皇太子の権力争いから手を引いたチュモンのおかげで釈放されることになります。

プヨンは自分のせいで、チュモンの将来を邪魔してしまったのだろうかと、悩んでいました。

しかしチュモンは、父親である王が成し遂げることが出来なかったことを、自分が王になったら必ず叶えてやろうと決心をしました。

チュモン 24話 あらすじ

チュモンはオイ達と旅に出ることになりました。

胸の中に思い浮かぶのは父親のモスのことでしたが、真実を知った今はこのままプヨで生きていくことは出来ないと思っています。

プヨをチュモンが出ていったという知らせがクムワとユファに届き、知らせを受けて二人はショックを受けました。

チュモン不在の今、世継ぎ選びをするのは意味がありません。

このままでいけば、テソが皇太子になりそのまま決ま思想でした。

宮中の大臣たちは自分達の地位を早く確立したいため、クムワに皇太子選びを早くするように迫ります。

クムワは承諾せずに、世継ぎ選びの競争をこのまま続けることを言いました。

一方、宮中では皇太子をテソにしようという意見が出ていましたが、クムワはテソとヨンポの実力を比べてから、皇太子の座の争いを続けさせようとしていました。

テソはプヨ国の王には、自分とチュモンのどちらが相応しいかをソソノに尋ねます。

皇太子になったら、ヤンジョンの娘と結婚すると宣言しました。

ヘモスのことを調べるために、流民に接触しようとするチュモンでしたが、追手が来たと勘違いされてしまい、襲われてしまいましたが誤解をとくために、流民に協力することになります。

しかし漢の鉄騎軍がそこに現れるのです。